仮想化エンジニア奮闘記

Citrix や VMware といったサーバー・デスクトップ仮想化の最新技術や設計情報の検証結果を共有します。(本ブログは個人のものであり、所属する会社とは関係ありません。)

Unity VSAを試してみた(2)ー FAST VPとは?

みなさまお疲れ様です。

5/27-28にかけて自宅の検証環境にNSX for vSphereをデプロイし、ついに我が家にSoftware Defined Data Center(SDDC)が実現しそうです 笑

 

さて今回も引き続き、Unity VSAの記事を書きます。前回の記事は↓参照。

Unity VSAを試してみた(1)ー Unity VSAのデプロイ - 仮想化エンジニア奮闘記

 

◆FAST VPとは?

FAST VPはFully Automated Storage Tiering for Virtual Poolsの頭文字を取った単語で、ストレージプール内を下記のように3階層に分け、データのアクセス状況や使用頻度を分析して自動的に適切な階層へデータを移動させる機能です。
SSD   :最大パフォーマンス階層
SAS   :パフォーマンス階層
③ NL-SAS     :容量階層

 

f:id:kenta53682:20170530004744p:plain

 

SSD数を抑え、NL-SASで容量を確保することでコスト削減をしつつも、パフォーマンスの最大化を図れる点がFAST VPのメリットとなります。

 

なお、Unity VSAではFAST VPが各仮想ディスクに適したストレージ階層を自動的に区別し、割り当てることはできないため、プール作成時に各仮想ドライブにストレージ階層を手動で割り当てる必要があります。

 

Unity VSAでFAST VPを使うには、下記のように共有またはローカルディスクの割り当てを行う形になるかと思います。なお、私の自宅環境では「ESXiのローカルディスクを使ってUnity VSAを使う」方式でFAST VPを実装しています。

 

f:id:kenta53682:20170530010421p:plain

 

 

◆FAST VPの設定について

先述の通り、Unity VSAではプール作成時に各仮想ドライブが3階層のうちどの階層に所属するかを手動で設定します。この階層設定はプール作成後、変更できないため注意して下さい。

1) まず、Unity VSAにディスクを追加します。この時、ディスクは「Thick Provisioning Eager Zeroed Thick」が推奨です。ディスク追加時にゼロ書き込みが行われるため、容量が多いと時間がかかりますが、タスク終了まで待ちましょう。

キャプチャを取った段階で既に実運用中のプールがあるのでディスク数が多いですが、13番目の100GBのディスクを追加しています。

 

f:id:kenta53682:20170530204105p:plain

 

2) Unisphere管理コンソールにログイン後、プールを作成します。任意の新規プール名を設定します。

 

3) そして本画面で仮想ディスクがどの階層に所属するかを選択します。SSDSAS、NL-SASに応じて階層を選択してプールを作成します。

f:id:kenta53682:20170530204603p:plain

 

4) プール作成後、プールのプロパティを開くと、下記のようにどのディスクがどの階層として設定されているかを確認することができます。

f:id:kenta53682:20170530204912p:plain

 

5) FAST VPの設定ではデータ再配置のレートやスケジューリングが設定可能です。

f:id:kenta53682:20170530205300p:plain

 

次回はFAST VPの動作検証をやってみようと考えています。

なお、Fast VPの詳細はこちらのホワイトペーパーにも記載されていますのでご参照下さい。

 

それでは本日は以上となります。ありがとうございました。