仮想化エンジニア奮闘記

Citrix や VMware といったサーバー・デスクトップ仮想化の最新技術や設計情報の検証結果を共有します。(本ブログは個人のものであり、所属する会社とは関係ありません。)

vSphere 6.0系でHAが発動したとき、パワーオフVMはどうなる?

みなさまお疲れ様です。

 

本日は早速本題に入りたいと思います。

vSphere 5.x 系 と vSphere 6.x 系ではHAが発動されたとき、パワーオフされたVMに対しての挙動が変わることについてご存知でしたでしょうか?

(私はつい最近上記の挙動について知りました。私の知識はvSphere 5.x 系の挙動で止まっておりました 汗)

 

◆HAクラスタ下のパワーオフされたVMに対する挙動の違いについて

①vSphere 5.x 系

[パワーオンVM] 別ホストにインベントリ登録され、再起動される

[パワーオフVM] 元のホストに残り続け、別ホストで再起動されない

 

②vSphere 6.x 系

[パワーオンVM] 別ホストにインベントリ登録され、再起動される

[パワーオフVM] 別ホストにインベントリ登録され、再起動はされない

 

実は、vSphere 6.x系からはパワーオフVMはHAで別ホストに移動されてしまうのです。

予期しないホスト停止が起きた時に、パワーオフVMが実はこっそり別ホストに移動してしていた、なんてことが起こり得ます。

 

上記は、ドキュメントセンターにもさらっと記載があります。
vSphere 5.5 ドキュメントセンター - ホスト問題に対する対応の判断
vSphere 6.0 ドキュメントセンター - ホスト問題に対する対応の判断

【vSphere 6.0 ドキュメントセンターより引用】

ホストに障害が発生すると、vSphere HA は、パワーオンされていて再起動の優先順位設定が無効になっている仮想マシン、またはパワーオフされている、影響を受ける仮想マシンをアクティブなホストに登録しようとします。

 

日本企業はきっちり稼働するVMを管理される方が多いと思いますが、

vSphere 5.x系と同じ挙動とするためには、下記のHAパラメーターの設定が必要となります。

das.reregisterRestartDisabledVMs = false

Advanced configuration options for VMware High Availability in vSphere 5.x and 6.x (2033250) | VMware KB

 

それでは、本日は以上となります。

ありがとうございました。