仮想化エンジニア奮闘記

Citrix や VMware といったサーバー・デスクトップ仮想化の最新技術や設計情報の検証結果を共有します。(本ブログは個人のものであり、所属する会社とは関係ありません。)

VCP6-DCV合格体験記

みなさまお疲れ様です。

 

本日VMwareの資格であるVCP6-DCVに合格したので共有します。
※Citrix AppDiskの記事は次回上げます 汗

 

ちなみにvSphereの最新バージョンは6.5で、既にVCP6.5-DCVが発表されています。

(但し、2017年4月22日時点で言語は英語のみです。日本語対応はもう少し先かと思います。)

 

 

私はVCP5.x系は持っておらず、初VCPでしたが何とか合格することができました。

VCP取得の流れは大きく以下の3ステップになっています。

①vSphere Datacenter Virtualizationに関するセミナー受講

 vSphere: Install, Configure, Manage [V6] や vSphere: Optimize and Scale [V6] など

②vSphere Foundations Exam (Web試験) の受験

③VCP6-DCV の受験

 

以降ではそれぞれの所感を書きたいと思います。

①vSphere Datacenter Virtualizationに関するセミナー受講

私は Install, Configure, Manage [V6] のセミナーを受講しました。

5日間のセミナーで、9:30~17:30でみっちりVMwareの基本的な機能を勉強します。

価格はおおよそ40万くらいでした。

(VMware Storeでラーニングクレジットを購入して受けました。本セミナーは42クレジット必要なので、1クレジット当たり10% OFFとなります。思えば、試験のクレジットもこの時一緒に購入しておけばよかった。)

 

セミナーは座学 + VMwareのラボに繋いで実機演習 で構成されています。

実際にESXi や vCenterのインストールもやるのかと思いきや、既にESXi や vCenterは準備されている状態で、インストールはやりませんでした。隣の席の人と協力しつつやる演習もあり、迷惑もかけられないので駆け足で設定等を行っておりました。じっくり環境を触るにはVMware HOLや自宅/自社のサーバーが必要ですかね。

vSphereに関する機能を一通り座学で教えてもらいましたが、現場で構築を経験している私では若干物足さを感じました。Optimize and Scaleを選んでおけばよかった。ただ、「現場でHAやDRSをゴリゴリ使ったことがない」方はInstall, Configure, Manageを選んだほうが無難かと思います。

(私は社会人5年目で5年間vSphereの導入に携わっています。似た経験の方は少し値段が高くなりますが、Optimize and Scaleの方が身になると思います。)

 

②vSphere Founcations Exam (Web試験) の受験

VCP6から新しく追加されたWeb試験。MyLearnからPeason VUEにシングルサインオンして予約します。

vSphere Foundation Exam 合格ライン:300 問題数:65

スコアは500でした (もしかして満点?)

問題はvSphereの初歩的な内容で、基本的には下記をすべて暗記すれば合格できる形になっているかと思います。

vSphere 6.0 Documentation Center

 

とはいえすべてを覚えるのは時間の無駄だと思うので、試験例題を買ってひたすら解いていくことを2週間程やっていました。分からない部分を上記のDocumentation Centerで調べる感じですね。クラスタ機能(HA, DRS, VSAN)や分散仮想スイッチの問題がちょこちょこ出てきたイメージです。HAは特にアドミッションコントロール部分が重要かと思います。

 

③VCP6-DCV の受験

こちらはPeason VUE認定テストセンターで受験します。

VCP6-DCV Exam 合格ライン:300 問題数:85

スコアは486でした。

こっちはFoundation Examと同じくクラスタ機能の問題がメインでしたが、一部マニアックな問題も出ていました。Foundations Examと同じく、試験例題を買ってひたすら解くことを2週間やりました。

・ストレージのパス選択プラグイン(PSP)の問題 (←現場で使ったことがない)

・NUMAに関する問題 (←現場で使ったことがない)

・vSphere Replicationの問題

VMware Converterの問題

クラスタ機能(HA, DRS, vSAN)の問題

・仮想スイッチの問題

 

セミナー受験から約1ヶ月でVCP取得までこぎつけました。私はVMware製品導入に携わっていたのでこの期間で合格することができましたが、VMwareを触った経験が少ない方は取得まで数か月は見込んでおいた方がよいと思います。

 

Foundations試験も、VCP試験も1つ言えるのは「Install, Configure, Manageセミナーを受けただけではとても太刀打ちできない」ということです。今後受験される皆さんはセミナーを受けた上で公式ドキュメントを読み込んだ方がいいと思います。

そして試験はあくまで試験であり、現場でめったに使われない技術の問題も含まれている、ということも認識しておいた方がよいと思います。(これはどのベンダー試験でも言えることだと思いますが。)

 

それでは長くなりましたが本日は以上となります。ありがとうございました。